食べログ ベストスイーツ2014に選ばれた山形市の名店!たいやき わかば レポート!

食べログ ベストスイーツ2014に選ばれた山形市の名店!たいやき わかば レポート!

「山形市でたいやきと言えばココ!」
と言い切ることができるくらい、美味しいたいやきが食べられる名店がこちら『たいやき わかば』。

以前から気になっていたものの、何かとタイミングが合わなかったため、これまで一度も食べたことがありませんでした。
その『たいやき わかば』に今回初めて訪れることができたので、口の中に香ばしい香りと小豆の程よい甘さが残っているうちにレポートしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

たいやきの名店『たいやき わかば』

山形市緑町、馬見ヶ崎川とは目と鼻の先という位置にあるたいやきの名店が『たいやき わかば』です。
『たいやき わかば』は、東京の四谷にある『わかば』から暖簾分けしたお店なんだそう。

一般的なたいやき屋さんは、鉄板に生地を一気に流して何匹もいっぺんに焼き上げる製法ですが、『たいやき わかば』は1匹ずつ型に流して直火で焼き上げる「一丁焼き」と呼ばれる製法。

東京 四谷 たいやき わかば

出典:名代 たいやき わかば

1匹1匹丁寧に焼き上げるたいやきは、こんがり焼けた香ばしい皮としっぽまで詰まった程よい甘さのあんこが絶品。
昭和28年創業の東京四谷『たいやき わかば』本店によると、「鯛焼きのしっぽにはいつもあんこがありますやうに」という演劇評論家・安藤鶴夫先生の言葉が社訓になっているとのこと。

こちらの『たいやき わかば』、飲食店の口コミレビューサイトとして有名な「食べログ」で、2014年のベストスイーツ店に選ばれているほどの名店なんです。

たいやき わかば 食べログ ベストスイーツ

 

『たいやき わかば』に行ってみた

こちらは『たいやき わかば』の専用駐車場。
6番と7番に、2台分の駐車スペースが設けられています。

たいやき わかば 駐車場

大きく主張している「たいやき」の文字のおかげで、ひと目でたいやき屋さんと分かりますね。
とても素敵な店構えです。

山形市 たいやき わかば

お店は10時にオープン、あんこがなくなり次第閉店とのこと。

山形市 たいやき わかば

店内にはL字状に置かれた2脚の長椅子と丸テーブルがあり、たいやきが焼き上がるまでの待ち時間に座ったり、焼き上がったたいやきを食べるイートインスペースとして利用できます。

山形市 たいやき わかば イートインスペース

ちなみに厨房内の撮影はNGでした。
厨房には名店ならではの秘密が隠されていそうですね!

 

スポンサーリンク

 

『たいやき わかば』メニュー

『たいやき わかば』のメニューですが、これは至ってシンプル。
なぜって、たいやき一択と言っても過言ではないからです。

たいやきの他にだんごも販売されていますが、だんごは冬期間はお休み。
冬場は寒さで硬くなりやすいからだそうです。

山形市 たいやき わかば メニュー

たいやきの中身はあんこのみなので、味をあれこれ迷う必要がなく、欲しい個数だけを伝えればOK。
優柔不断な人にとってはありがたいシンプルさですよね。

『たいやき わかば』メニュー(持ち帰り)

  • たいやき 165円(税込)
  • だんご(しょうゆ) 110円(税込)
  • だんご(ぬた・ごま・あんこ) 130円(税込)

ちなみに、だんごの「ぬた」というのは「ずんだ」のこと。
山形ならではの呼び方です。

 

『たいやき わかば』のたいやきを食べてみた

たいやきは、注文した個数分、まとめて紙袋に入れられます。
もちろん、ひとつひとつ入れてもらうこともできますよ。
紙袋に入れた上で、必要な場合はさらにビニール袋に入れてもらうこともできます。
このとき、焼きたてのたいやきから上がる蒸気でビニール袋内がびっしょりになるのを防ぐため、湿気を吸収する新聞紙も入れてくれます。

山形市 たいやき わかば

上の写真は3個入りの場合。
こちらの紙袋は、東京四谷の『たいやき わかば』のものと同じようです。

 

生地からうっすらとあんこの色が透けて見えるほど薄い皮。
『たいやき わかば』オリジナルの型で1つ1つ丹念に焼かれたたいやきは、皮のフチがところどころこんがり焦げていて、甘く香ばしい香りにうっとり〜。
山形市 たいやき わかば

よく見ると、しっぽには「わかば」と店名が入っています。
こういった細やかなこだわりが名店らしい特別感を感じさせてくれますね。

 

たいやき自体はそれほど厚みがあるわけではありませんが、手に持ってみるとずっしりとした重みが。
おなかのほうはぷっくりと、しっぽのほうは平たくなっています。

山形市 たいやき わかば

フチからあんこがはみ出すくらい、頭の先からしっぽの先までぎっしり詰まったあんこ!

山形市 たいやき わかば

一見、甘すぎやしないか不安になるほど皮に対してのあんこ比率が高いですが、これが何とも言えないベストマッチな甘さなんですよね。
塩気が効いたあんこなので全くくどさがなく、一気に3個くらいぺろっといけてしまいそう。

焼きたてのたいやきは皮がパリッとしていて香ばしく、程よい甘さのあんこと最高のハーモニーを奏でてくれます!
持ち帰りの場合はどうしても皮のパリッと感がなくなってしまうので、電子レンジで少し温めた後、オーブントースターでほんのちょっと焼いてからいただくのがおすすめ。
パリッと感が復活しますよー。

 

『たいやき わかば』の営業時間やアクセス

『たいやき わかば』営業時間アクセスなど、店舗情報は以下になります。

たいやき わかば

  • 住所:〒990-0041 山形県山形市緑町4-7-11
  • 電話:023-642-1142
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:火曜日
  • イートインスペース:あり
  • 駐車場:あり
    ※店舗前スペースと道路を挟んだ角地に2台分
  • ホームページやSNSなど:

たいやきの名店と言われるだけあって、長年に渡って安定の美味しさを提供し続けている『たいやき わかば』。
噂通り、感動する美味しさでした!

カリッと焼けた香ばしい皮に程よくマッチする甘さのあんこ・・・
そのハーモニーをぜひあなたも味わってみてください。

 

スポンサーリンク

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)